バルトレックスは何に効くのか

バルトレックスは抗ウイルス薬として用いられる医薬品です。効能として単純疱疹、帯状疱疹、水痘の治療が行えることに加えて、造血幹細胞移植における単純ヘルペスウイルス感染症の発症抑制、性器ヘルペスの再発抑制が挙げられています。こういった効能が得られるのはこれらのいずれもがウイルス感染であることに加えて、バルトレックスの有効成分であるバラシクロビルが有効性を示すウイルスが原因になっているということです。単純疱疹や帯状疱疹、水痘の原因になるのは水痘ウイルス、帯状疱疹ウイルス、単純ヘルペスウイルスといったウイルスが典型的なものであり、こういったウイルスに対して有効であることが判明しているのがバルトレックスです。もともとはアシクロビルを成分とする医薬品が同じ治療目的で利用されていましたが、プロドラッグ化されてバラシクロビルを成分とするようになり、効果の持続時間が延長してより使いやすい医薬品となったのがバラシクロビルの特徴であり、アシクロビルと同様にしてウイルスの増殖抑制活性を持っています。ウイルスのDNA鎖の伸長を抑制するというのが基本的なメカニズムとして知られているものです。ヘルペスになってしまったらバラシクロビルでウイルス増殖を抑えましょう。核酸塩基を模倣したデザインのアシクロビルは、ヘルペスウイルスなどに核酸塩基と誤認されてDNA鎖上に取り込み、そこからDNA鎖を伸長できなくしてしまうことができるとされています。そのため、通常の核酸塩基とアシクロビルを区別できないウイルスに対する感染症に対して効くのがバルトレックスであり、その有効性が示されてきているのが単純疱疹や帯状疱疹、水痘の原因となっている水痘ウイルス、帯状疱疹ウイルス、ヘルペスウイルスとなっています。

バルトレックスに耐性ができたら

バルトレックスはヘルペスを治療するための医薬品として現在では広く知られています。バルトレックスを服用するときには、原因となるウイルスがなくなるまでの一定期間服用し続ける必要があります。これを行わないとウイルスがまた増殖してしまうだけではなく、バルトレックスに耐性があるウイルスになってしまいよりやっかいな事態を引き起こしてしまうこともあります。そうした耐性ウイルスの発生を防ぐためにも、服用し続けることは必要不可欠となっているわけです。それでは、もしもバルトレックスに耐性ができたウイルスが体内で発生してしまった場合には対処方法がどうなっているのかというと、自分の体質を改善したり自分の生活を見つめなおしてヘルペスの原因となっている要素を抑制するようにすることが求められます。同時に、別の成分が入ったヘルペスウイルスに効く医薬品を処方して、今度はそれをきちんと服用をやめずに飲みきるようにすることが大事です。医師の指示に従わないで服用していくと、このようにトラブルになってしまう可能性が高まってしまいますので間違った処方方法での服用はやめておくようにします。ヘルペスの特徴としては、治ったとしてもすぐに再発しやすいという点にあります。ですので、症状が治まって服用をやめたとしても、また再発する可能性が常にあります。ウイルスそのものを抑制する再生抑制方法と呼ばれる方法もありますが、それでもヘルペスは起こりがちです。ですので、こうした病気と上手く付き合いつつできるだけ再発しないように心がけておくほうが望ましいといえます。もしも分からない点などがある場合には医師の相談を行い、きちんと状況を把握しておくことが大事といえます。またヘルペスで病院に行くのが恥ずかしい、病院には行きたくないと言う人はバルトレックスは通販でも入手可能なので覚えておくと良いでしょう。

バルトレックスが効かないウイルス

バルトレックスはヘルペスウイルス感染の治療に用いられる抗ヘルペスウイルス薬であり、単純ヘルペスウイルスや水痘ウイルス、帯状疱疹ウイルスに有効性が示されています。しかし、抗ウイルス薬であるからといって全てのウイルスに対して有効であるというわけではなく、ヒト免疫不全ウイルス、インフルエンザウイルス、肝炎ウイルスなどの様々なウイルスに対しては有効性を示さないことがわかっています。バルトレックスに含まれている有効成分であるバラシクロビルは世界初の抗ウイルス薬と呼ばれるアシクロビルのプロドラッグであり、抗ウイルス作用を発揮する際にはアシクロビルとして機能します。アシクロビルはDNA合成の際に必要となるデオキシグアノシンのアナログとして機能することにより、ヘルペスウイルスなどのウイルスのDNA合成を阻害することによって増殖抑制をするのがメカニズムです。人もDNA合成を行いますが、その際にはデオキシグアノシンとアシクロビルを区別することができるために毒性が生じません。同様にしてウイルスによってデオキシグアノシンとアシクロビルを区別できるかどうかが異なり、その区別がついてしまうウイルスに対しては効果を発揮することができないということになるのです。そのため、バルトレックスを飲んでも効果があるとわかっているウイルスは限られており、典型的には口唇ヘルペスや性器ヘルペス、帯状疱疹などの際に用いて治療効果を発揮させるというのが一般的になっています。これ以外のウイルス感染のときに飲んでも治療効果を期待することはできず、バルトレックス以外の有効な抗ウイルス薬を選んで治療を行っていくことが必要になるでしょう。